HOME > 紙ふうせん

【紙ふうせん】飛ばした後は自然に還る地球想いのエコふうせん|紙・不織布加工の株式会社ヘイワ原紙

紙なのに空を飛ぶ

手の平でぽんぽんはずむ、あの紙ふうせんではなく、
ゴムふうせんのようにヘリウムガスで空を飛びます。

メッセージがかける

紙素材なので、クレヨン・油性マーカーで自由に絵を描くことができます。
気流に乗って200km以上の旅をした紙ふうせんもあります。
メッセージや花の種を添えて……あなたの「思い」が空を飛びます。

地球に優しいエコ素材

ゴムふうせんとの違いは、その素材。
100%自然繊維なので、海や森に落ちても分解されて自然に還ります。

エコへの取り組み、紙ふうせんが、自然分解される過程を詳しくご紹介しています。
空とぶ紙ふうせんを飛ばす時の注意
  • ケース1 狭い場所に押し込めると・・・?
  • ケース2 束ねて一度に飛ばすと・・・?
  • ケース3 ガス入れが早すぎると・・・?
@狭い場所にふうせんを押し込めると、短時間でも、ふうせんが押し潰されガスが抜けて飛ばなくなってしまいます。
A束ねて一度に飛ばすと、電線などに引っかかりやすくなってしまいます。
Bガス入れが早すぎると、さあ飛ばすぞ!という時にしぼんでしまいます。
@狭い場所にふうせんを押し込めると、短時間でも、ふうせんが押し潰されガスが抜けて飛ばなくなってしまいます。
A束ねて一度に飛ばすと、電線などに引っかかりやすくなってしまいます。
Bガス入れが早すぎると、さあ飛ばすぞ!という時にしぼんでしまいます。
@狭い場所にふうせんを押し込めると、短時間でも、ふうせんが押し潰されガスが抜けて飛ばなくなってしまいます。
A束ねて一度に飛ばすと、電線などに引っかかりやすくなってしまいます。
Bガス入れが早すぎると、さあ飛ばすぞ!という時にしぼんでしまいます。
商品紹介と購入方法はこちら